comas

株式会社コマス

RECRUITING SITE 2019

先輩社員の声VOICE

技術サービス部

[ 2015年度入社 ]

市川 あずみAZUMI ICHIKAWA

先輩達の言葉で助けられたり、
成長できる環境があります

「わからないことはどんどん聞いて」の
言葉に助けられました

市川 あずみ

「まずは業務関連の雑談に入れるように」。技術サービス部に配属された日に言われたことです。最初は理解できない専門用語ばかりで聞くだけでしたが、一つずつわからない用語を調べていくうちに雑談ができるようになり、資料も難なく読めるようになっていました。その頃、取り組んでいたのがカーナビやETC車載器、ドライブレコーダーに関連するシステム開発です。想像よりも難しさを感じましたが、先輩達の「わからないことはどんどん聞いて」という言葉に助けられました。

足りないものを見つけて、
加えるのもプログラミングのおもしろさです

市川 あずみ

先輩達は「設計の段階でアイデアが出て来たら、言って下さい。できるかどうかは一緒に考えましょう」と言ってくれます。そのおかげで、「こう作る」というものが設計の段階で仕上がります。ただ、実際にプログラムを組み立てていくと、足りない部分が出て来ます。それが何なのか。考えて、試して、見つけて、加えていく。その作業もプログラミングのおもしろさだと思います。そういう意味では、柔軟な思考が大切な仕事だといえます。

「この人に聞けば大丈夫」と
思ってもらえる存在になりたいです

市川 あずみ

私が主体的に初めて作ったプログラムが動いた瞬間はとても印象に残っています。目に見えるものがあるというのは達成感を抱きやすいのか、期待通りの動作をした時は感動しました。その達成感を味わえたのは相談しやすい先輩が近くにいたからです。「この人に聞けば大丈夫」という先輩がいるだけで、仕事に向き合う気持ちはかなり違ったものになります。これから私もそういう存在になっていけるように頑張りたいと思います。

DAILY SCHEDULE1日の流れ

スケジュール

IoT関連はこれからも進化して、
人の暮らしの安全をつくり出します

私自身は、まだ目の前のことで精一杯ですが、部署としてスマートフォンから車載器を操作したり、車載器の情報をスマートフォンで見たり、というシステム開発に取り組んでいます。このようなシステムは、これからも進化する分野だと思います。同時に、人の暮らしを安全に導く役割を果たしていくはずです。そんなシステム開発でも活躍できるように、まずAndroid、iOSのアプリ開発に強いプログラミング言語を覚えて、使いこなせるようになるのが私の課題です。

MESSAGE就活中のみなさんへ

どんな経験でも生きる。入社して気づいたことです。
もちろん、興味を持つことも大事です。コマスにその興味を見出したとしたら、ぜひ挑戦して欲しいと思います。
みなさんの経験を活かす場が必ずここにあるはずです。

PRIVATEプライベート

プライベート

月に一度の社内懇親会。
以前に同じプロジェクトで一緒だった先輩方との食事でした。
仕事をしていたときよりも、会える機会はどうしても減ってしまっていたので、いろんな話ができ楽しかったです。参考になる話もたくさんありました。

OTHER MEMBER